2005年07月21日

キャッシングと経済


キャッシング教本

キャッシング教本

  • 作者: 健全なキャッシング委員会
  • 出版社/メーカー: データハウス
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 単行本



野村大幅赤字、リーマン買収 吉か凶か
 野村ホールディングスの英現地法人、野村インターナショナルが今年3月期決算で前年度の3倍を超す13億4800万ポンド(約2085億円)の損失を計上したことが21日までに分かった


NY株、年初来高値を更新
 21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、住宅関連の指標改善を好感して続伸し、上げ幅は一時、前日比150ドルを超え、9500ドル台を回復した。取引時間中の年初来高値を更新し、昨年11月上旬以来の高値水準をつけた。


AD: お得な金利キャンペーン実施中≪いまこそ!不動産担保ローン≫
ファーストクレジットは安心の住友信託銀行100%出資。担当者とじっくり面談。ゆとりある返済計画をご提案。


「環境金融」日本でも 環境省が行動原則策定へ、社会貢献を重視
 環境省は21日、銀行や保険などの金融機関が企業に融資・投資する際、相手先の企業が環境問題に積極的に取り組んでいるかどうかを判断基準とするための行動原則を策定する方針を固めた。

リーマン買収、融合の行方は 野村英法人、赤字3倍に
 野村ホールディングス(HD)の英現地法人、野村インターナショナルが今年3月期決算で前年度の3倍を超す13億4800万ポンド(約2085億円)の損失を計上したことが21日までにわかった


温室効果ガス「国内クレジット制度」橋渡し みずほ銀が本格展開
 みずほ銀行は21日、大企業が中小企業の温室効果ガス排出削減を資金や技術面で支援し、見返りに排出枠を取得する「国内クレジット制度」を活用したビジネスを本格展開すると発表した。
ラベル:キャッシング
posted by 酒井法子 at 18:26| Comment(36) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。